老人ホーム選びの基礎知識について

 老人ホームについてこれだけは知っておきたい基礎知識。『老人ホーム選びの基礎知識』では、老人ホーム初心者の方のために、老人ホームの費用、種類、有料老人ホーム選びのポイント、老人ホームのメリット・デメリットなど老人ホームの選び方から入居まで、役に立つ基礎知識を解説しています。特に、介護付き有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホームなど人気の高い施設を中心に紹介していますので、ぜひ情報収集にご活用ください。

老人ホーム選びの基礎知識 新着情報

日本では現在、高齢化・少子化が急速に進んでいます。そして、そのことによって、高齢者の幸せを家族だけ支えていくことは難しくなっています。社会全体で、高齢者の幸せをの向上、維持をはかる仕組みを確立することはできないのでしょうか。昭和38年、高齢者の福祉の向上を図ることを目的とした「老人福祉法」が制定されました。高齢者の福祉とは、社会福祉制度の一分野で、老人福祉とも呼ばれているのです。特に、高齢者を対象とするサービスのことを指しています。

「老人福祉法」は、老人福祉の原理を明確にして、高齢者の心身の健康を保持しながら、生活を安定させるために、必要な措置を講じるために存在する法律です。かつて、すべての高齢者を対象として、その社会保障を担っていましたが、財政悪化により、現在では、「老人保健法」、「介護保険法」が適用されない場合に限り、老人の福祉を行う根拠として用いられるようになっているのです。

高齢者の福祉としては、在宅福祉と施設福祉の2種類があります。在宅福祉には、ホームヘルプ、ショートステイ、デイサービス、グループホームなどがあります。施設福祉は、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、老人介護支援センター、老人福祉センターなどがあります。軽費老人には、A型、B型の区分がありますし、ケアハウスはこのような種類の老人ホームの一種であるといえます。

住宅型有料老人ホームについてご紹介します。住宅型有料老人ホームは、食事などのサービスがついた高齢者向けの居住施設です。住宅型有料老人ホームの場合は、介護が必要になったときに、訪問介護や通所介護というような外部サービスを合わせたケアプランを作成することができます。そして介護を受けた分だけ出来高で介護にかかった費用を計算していきます。

介護の重度が低ければリーズナブルといえますが、介護が重度になればなるほど、費用がかかってしまうという面もあります。住宅型有料老人ホームの特徴を大まかにまとめるとホームのスタッフは、介護や看護するということはなくて、外部からの訪問介護や通所介護を利用することになります。そして介護報酬は、サービスを受けた分だけです。

その他にもサービス利用が月単位の区分支給限度額内の場合には、利用した介護報酬の一割負担となります。あとはサービス利用が区分支給限度額を超えた場合には超えた分は全額自己負担となります。こういった特徴を持っています。数多くある住宅サービスの提供の中から、入居する方が自分で選ぶことができます。そのため自分の生活環境にあった介護策定をすることが可能です。

健康型有料老人ホームについてご紹介します。健康型有料老人ホームというのは、その文言通り、健康なご高齢者が入居するために用意された施設のことです。健康型有料老人ホームには食事などのサービスが付いています。入居されている方の全員が、健康なご高齢者であり、とても明るく元気な老人ホームといった印象があります。

しかし、この健康型有料老人ホームは、介護が必要となった場合には契約を解除し退居しなくてはならないというデメリットがあります。入居する施設によっては、入居したまま訪問介護を受けることができる場合もあります。また、介護棟などがあってそちらの場所へ移るということができる施設もあります。

利用条件としては、要介護認定がなくて自立した日常生活をおくることができるという条件があります。高齢となって、一人暮らしに不安を感じたり、同じ施設のご高齢者と楽しい老後を送りたいと感じている高齢者のかたが入居されています。介護付有料老人ホームなどと比べてみると介護という点などがありません。そのため費用的には非常に安くなります。